勉強しない子どもが勉強するようになる、家庭教師のメリット

hometeacher

勉強しない子どもは、どうやったら勉強するようになるのでしょう。
「勉強しなさい!」と叱って机に向かわせる。叱咤激励しながら塾に通わせる。テストの結果が良いときはしっかり褒めて、悪い時は叱る。

たくさんの親御さんが、それぞれ真剣に考えて、あれこれ試行錯誤されていることと思いますが、まず大切にしたいのが、「勉強することをストレスに感じさせないようにすること」です。

子どもが勉強にストレスを感じてしまう理由

勉強をストレスに感じる理由はたくさんあります。
勉強がわからない、授業についていけない、成績が伸びない。いつも「勉強しなさい」と叱られていて嫌気がさす場合もあるでしょうし、ただ単に「勉強するのが性に合わない」、「面倒臭い」という理由で、机に向かうのをストレスに感じる子もいるでしょう。

勉強をする習慣が付いていない子、ましてや勉強が嫌いな子が、いきなり「よし、勉強するぞ!」とやる気を出して実行するのは、なかなか難しいものです。
「やる気を出しなさい!」と言われて、出せるものではありません。

なので、最初は「嫌々ながら」、「仕方なく」というのも、やむを得ないでしょう。
要は、最初は受け身でも、勉強を続ける中で「楽しい」と感じ、やる気が沸いてくればそれで良いのです。
だからこそ、勉強をすることがストレスになってはいけません。

ストレスを感じない環境づくりのための家庭教師

最初から「楽しい」とまではいかなくても、まずは負担に感じずに、だんだんと勉強に慣れること。これが、「勉強しない子どもが勉強するようになる」ための第一歩です。
そのための手段のひとつとして、お勧めできるのが「家庭教師」です。 

家庭教師の大きな特徴は、「先生が自宅に来てくれること」、そして、「先生と生徒が1対1で勉強すること」です。
実は、この二つの特徴こそが、勉強の負担を軽減し、「勉強すること」に慣れるための、大きなメリット。塾のように通う手間がない、周りを気にする必要がない。
家庭教師は、心身ともにストレスの少ない勉強手段なんです。

「勉強しない子ども」とは?

小学校に入学して、はじめて「授業」というものを受けるようになったばかりの頃から、「勉強が嫌い」、「勉強したくない」という子はいません。
ほとんどの場合が、授業の内容が難しくなって、わからないところが増える、テストで点が取れなくなる、授業についていけなくなる・・・という経緯があって、勉強が嫌いになります。

学年が進むと、学習内容の難易度は当然上がります。学校でしっかり授業を聞いてさえいれば理解できていたのが、だんだんとつまずくようになる。
そこで、いよいよ「予習」や「復習」といった、「授業以外に、自分で勉強する」ことが必要になってくるのです。

いきなり子どもが自発的に勉強するようになるわけがない

ところが、「自分で勉強する」というのは、とても難しいことでもあります。
勉強ができる、できない以前に、「集中できない」、「椅子にも座っていられない」という子がたくさんいますが、「どうしてできないの?」と責めてはいけません。
学校や塾では宿題などを出して家庭学習を促しますが、実際にどう取り組むかという、具体的な指導はありません。
つまり、「自分で勉強する」やり方は、教わっていないのです。

宿題や予習・復習、テスト勉強などを繰り返すうち、自然と自分に合った勉強法を身につける子もいますが、それがなかなかうまくいかず、「勉強のやり方がわからない→予習・復習が間に合わず、授業についていけない→勉強が嫌いになる」という子は、非常に多いのです。

勉強をしない子どもは、勉強のやり方がわからない

「勉強しない子ども」のほとんどは、最初から「勉強が嫌いだから、しない」のではなく、「勉強のやり方がわからないから、できない」のです。

だからこそ、本当に勉強が嫌いになってしまう前に、勉強への取り組み方、集中の仕方を覚えて、「勉強すること」を習慣付ける、自分に合った勉強法を見つけることが大切です。そして成果を出せば、勉強はどんどん楽しくなっていくものです。

 先生と生徒が1対1でじっくりと向き合う家庭教師は、単に「解法を教える」だけでなく、まず勉強する態勢を作り、自分で勉強するコツを掴むまでをサポートすることができます。一人ではなかなか集中できなくても、一緒に取り組む先生がいれば、真剣に机に向かうことができそうですよね。

「生活空間が学習空間になること」の大切さ

最近では、生徒1人につき先生1人が付く「個別指導」の学習塾を、よく見かけます。

こういった学習塾では、先生1人が教壇に立ち、何人もの生徒を相手に行う授業形式の指導ではなく、細かく仕切られたブースで、家庭教師のようにマンツーマン形式の指導を行います。

マンツーマン形式のメリットは、生徒一人一人のペースに合わせて、じっくり学習できるところにあります。質問もしやすいので、取り残される心配がありません。
そういった意味では、個別指導の学習塾と家庭教師は、同じ長所を持っていると言えます。

個別指導塾と家庭教師の違いは、勉強する場

一方で、両者の大きな相違点は、言うまでもなく「勉強する場所」でしょう。個別指導の学習塾は机と椅子が並ぶ静かな空間で、家庭教師は普段の生活空間で勉強します。

自宅や自分の部屋といった「生活空間」は、誘惑だらけです。テレビ、パソコン、本・・・勉強をするにあたって「気が散る」要素に満ちています。

部屋で静かに勉強していても、居間や台所、隣の部屋から雑音が聞こえてくることもあるでしょう。
しかし、この欠点のように思える環境こそが、家庭教師の最大の利点とも言えるのです。

自分の部屋の机で勉強することを習慣に

何かと気が散る生活空間の中で、家庭教師が来ている短時間だけでも、しっかり集中して勉強することで、環境に左右されず勉強する能力が身に付きます。

そして、「学校や塾でないと勉強できない」、「静かな場所でないと集中できない」という事態を防ぐことができます。

何よりも、休日や夜間といった、学校以外の大半の時間(=自分で自由に勉強ができる時間)を過ごす場所で勉強することが身に付けば、時間を有効に使うことができ、本人にかかる負担も軽減します。

家庭教師を付けてから、自分の部屋で机に向かうことが習慣になり、宿題をさぼらずできるようになった・・・という子も多いようです。

「勉強が苦手」を根本から解決

「何がわからないのかがわからない。」・・・これは、中学受験を控えた小学6年生の女の子が、家庭教師に「どこがわからないの?」と問われて、実際に言った言葉です。

勉強というのは、積み重ねです。

小学校6年生の問題を解くには、当然1年生から5年生までの間に積み重ねた知識が必要です。途中でつまずいて、「わからない」を放っておいてしまうと、その後の内容はもっとわからなくなってしまいます。

勉強のわからないを積み重ねておいてはいけない

これが勉強の怖いところです。具体的に何が苦手なのかが把握できているうちは、その部分を重点的に勉強すれば良いので、すぐに挽回できます。

しかし、「わからない」が積み重なると、「どこがどのようにわからないのか」が、わからなくなってしまいます。そうすると、「勉強をするといっても、何から始めたらよいのかわからない」という、一人では解決しにくい状態になります。

学校や塾で、気軽に先生に質問しずらい

そこで、最初につまずいた所までさかのぼって勉強しなおすことが必要になるのですが、これは簡単なことではありません。
なぜなら、この状態になると、生徒は「質問をする」ことができないからです。

学校や塾で、「わからない所があればどんどん質問してくださいね」と言われても、何がわからないのかがわからず質問ができない・・・そういう悩みを抱える子が、たくさんいます。

個人指導の家庭教師だから、つまずいたらすぐに質問できる

家庭教師には、決まったカリキュラムはありません。いつまでに、どこまで学習を終えなければいけない・・・という制限もありません。

ですから、「苦手を克服する」だけに留まらず、「どこが苦手なのかを探す」という、根本的な部分にアプローチするゆとりがあります。

「わからない」をうやむやにしたまま勉強量を重ねるよりも、「わからない」をとことん追求して解決した方が、ずっと効率よく勉強ができるし、次に学習する内容への基盤にもなります。家庭教師は、「勉強が苦手」を根本からしっかり解決するのにピッタリなのです。

一人一人にオリジナルのカリキュラム。細かいニーズにも対応

家庭教師の大きな魅力の一つとして、「決まったカリキュラムがない」という点が挙げられます。学習塾では、生徒の成績や目標(受験の有無、志望校など)に沿ってクラス分けがあったり、使用する教材が決まったりします。

ところが、得意分野・苦手分野の組み合わせは十人十色。
特に勉強が必要なのかは、生徒一人一人異なっているはずです。また、同じ内容を勉強するにしても、どんなやり方が合っているのかは、一人一人異なっています。

ひとりひとりがやりやすい勉強の仕方を

英単語一つ覚えるのにも、語呂あわせで覚える子、ひたすら書いて覚える子、やり方は様々です。
他の子にとって良い勉強法や、実績のある勉強法が、自分にとっても良いとは限りません。家庭教師には、決まったカリキュラムも決まったやり方もありませんので、「生徒一人一人に合った、オリジナルのカリキュラムや勉強法を実践できる」のです。

どんな目的で「学校の先生以外の先生」を必要としているのかも、一人一人違います。成績を上げるため、受験のため、苦手を克服するため・・・色々な目的があるでしょう。

家庭教師は勉強のやり方、時間の振り分けも自由にできる

家庭教師の良い所は、それらに非常に柔軟に対応できることです。例えば、「宿題を見て欲しい」という希望にも応えられます。

時間の振り分けも自由です。途中で目標が変わっても、柔軟かつ迅速に対応することができます。学校や塾での授業が「先生に勉強を教えてもらう時間」だとすると、家庭教師が来ている時間というのは「先生と一緒に自由に勉強する時間」なのです。

マイペースに、不安にならずに勉強できる

「授業についていけない」って、どんな気持ちでしょうか?内容がよく理解できないまま先生の説明が終わって、板書も消されて、次の単元に進んでいく。
「ついていかなきゃ」と焦る気持ち、「取り残されてしまう」という不安・・・それは、大人が思う以上に大きなストレスだと思います。

どんどん進む授業についていけずに勉強が嫌いになる、勉強する気も起きなくなるというケースは、非常に多く見られます。

学校だと他の生徒に埋もれてしまう

学校では、複数の生徒を相手に、決められた内容を決められた期間内に網羅しなければなりません。
さらに、つまずくポイントは人それぞれなので、授業時間内に全てをフォローできないのは、仕方のないことなのかもしれませんが、放っておくと生徒の不安はどんどん膨らんでしまいます。

マイペースな子どもに「競争」は合わない

学校や塾での「競争」が苦手な子もいます。
テストの順位に、偏差値。生徒にやる気を出させるために、わざと競争心を煽るやり方もありますが、そんな殺伐とした空気が性に合わない子は、とても居心地が悪い思いをすることになります。

周囲を気にせず、マイペースに勉強したい。「ついていけない」なんて不安にならずに、安心して勉強したい。そんな願いを叶えるのが、家庭教師です。
自宅での、先生と1対1の授業なので、何も気がねすることなく、安心して勉強することができます。わからないところは何度でも復習できるので、取り残されることもありません。

精神面でも心強い!生徒の「お兄さん」「お姉さん」的存在に

いつも過ごす自分の部屋で、先生と1対1で行う授業は、学校や塾の授業よりもリラックスして臨めます。
周囲を気にせず、わからないことは何でも、何度でも質問できるし、勉強について不安なことなども、気軽に相談できます。

学校の先生や友達には相談しにくいことも、家庭教師になら相談できる・・・ということも、きっとあるでしょう。家庭教師は、時に生徒の「お兄さん」「お姉さん」のような存在として、精神的な支えになることがあります。

万が一合わなければ、家庭教師の先生を変えてもらえる

塾だと「先生と相性が悪いから別の先生にかえる」ということが困難です。
特に個別指導ではない塾だと、クラスやカリキュラムによって担当の先生が振り分けられていることが多いので、「先生が合わないから別のクラスへ」というわけにはいきません。通う塾自体をかえるのは、さらに困難でしょう。

家庭教師の場合は、この点でも比較的柔軟に対応できます。
どうしても合わない、教え方がわかりにくい、そんなふうに感じたら、思い切って先生をかえてみると、生徒にとって良い方向に向かうこともあります。

家庭教師なら、先生がかわっても、勉強する場所は自宅のままですから、生徒は「新しい塾に馴染めない」というような、環境の変化に対するストレスも感じずに済みますね。

ご両親の目線から、家庭教師のココが安心!

「子供が勉強しない」、「勉強しなさいと注意しても聞かない」、「テストや受験もあるのに、このままで大丈夫?」・・・多くのご両親が、そんな悩みを抱えていると思います。

できるだけ子供の自主性に任せたいから、あまり口うるさく言いたくない・・・そんな理想は持っていても、そうも言っていられないのが親心です。
「親も安心できて、子供にも負担が少なく勉強できる良い方法はないかしら?」・・・その答えが、家庭教師です。

家庭教師なら、先生と親の距離も近づく

家庭教師の最大の特徴は、「先生が自宅まで来ること」ですので、親と先生が顔を合わせる機会が多いのです。

そういえば、学校や塾の先生と生徒の親が顔を合わせることって、年に数える程度しかありませんよね。

子供の成績や学習態度、進路について・・・先生と相談したいことはたくさんあるのに、相談できるのは年に数回、「面談」の短い時間だけ。

その点、家庭教師なら、先生が家に来るたびに顔を合わせ、言葉を交わすことができます。

「うちの子、きちんと勉強できていますか?」
「はい、今日は○○ができるようになりましたよ。」

玄関先でのこんな短い会話でも、何となく安心できますよね。

家庭教師なら、家から通わないでいいから安心

さらに、家庭教師なら「通わなくていい」ことも大きなメリットです。

塾の帰りに寄り道して遊ぶ心配もありませんし、さぼる心配もありません。
「遊べない、さぼれない」なんて、子供にとっては何だか窮屈な気もしますが、通う時間や寄り道して遊ぶ時間など時間の無駄がない分、余った時間で思いっきり息抜きをすればいいのです。

勉強する時間は勉強する時間、遊ぶ時間は遊ぶ時間と、メリハリを付けることが大切です。

受身姿勢の勉強できない子どもでも安心

塾のように、「入会して通い始める」という最初の大きな第一歩がないので、受け身の姿勢でもスタートすることができます。

勉強がわかるようになって「楽しい」と感じることが増えれば、「やる気」は自然と出てくるもの。
家庭教師を付けることが、「もっと勉強したくなる」きっかけになれば、良いですよね。

使い方いろいろ!家庭教師活用法

先生が自宅まで来てくれる。1対1でじっくりマイペースに勉強できる。わからない所は何度でも復習できる。決まったカリキュラムがないので自由に勉強できる。家庭教師には、学校や塾にはない良い所がたくさんあります。その良い所を存分に取り入れて、いろいろな使い方ができるのが、さらに良い所!

まず、「学校以外の所で勉強するのだから、学校の勉強とは別のことをしなきゃ!」と、気負う必要は全くありません。

学校の宿題を教えてもらったり、予習復習の手助けをしてもらうことから始めたい・・・というのもOK!参考書や問題集を使うのはもう少し先にして、教科書に載っている内容をじっくり勉強したい・・・というのもOK!テストの後に、間違えたところを家庭教師と一緒に復習することもできます。

勉強ができるようになるために、塾と家庭教師の併用も

塾と併用して家庭教師を付ける子もいます。
塾でどんどん進む内容を、家庭教師とじっくり復習します。特に受験を控えていたりすると、「わからない所や苦手な所は家庭教師を付けてしっかり克服したいけれど、スピードも大切だし、塾で得られる色んな情報も欲しい」・・・という場合もあるので、お勧めの方法です。

「塾に通うために大好きな習い事を辞めた」なんて話もよく耳にしますが、先生が自宅まで来てくれる家庭教師なら、時間に余裕がある分、両立もしやすいですね。

部活や習い事の後に、自宅に帰って家庭教師と勉強することも可能です。「勉強はしたいけど、それ以外の好きなこともできる限り続けたい!」・・・そんな希望を叶えやすくするのも、家庭教師です。

勉強ができない子どもに家庭教師をおすすめする理由 まとめ

さて、勉強ができない子どもに家庭教師をおすすめする理由をかんたんにまとめます。

勉強ができない子どもは、勉強のやり方を知らない。
まずは、マイペースで勉強のやり方を覚えるためにも、家庭教師が安心。
家庭教師なら、マンツーマンでいつもの環境で勉強ができる。
家に来てくれるから、親とのコミュニケーションも頻繁に取れる。

これが私が勉強ができない子どもができるようになるために、家庭教師をおすすめする理由です。

家庭教師を頼むならば、まずは一番有名な会社に

では、その家庭教師はどこで見つけたらいいの?というのが悩みだと思います。
やはり一番は知名度があり、利用者も多い家庭教師のトライに資料請求をしてみて下さい。

家庭教師のトライ

資料請求はもちろん無料でできますので、一度資料請求をしてみて、家庭教師のトライの資料をみてみることをおすすめします。

知名度があるということは、それだけ結果を残しているということですから、一番大きな会社の資料を見てみて、本当に家庭教師があうのか、判断をしてみるのが一番確実な方法です。

もちろん、料金や先生の合う/合わないの問題もありますが、まずは家庭教師というものがどういうものなのか、知る意味でも、家庭教師のトライはおすすめです。

子どもの成長はあっという間。
手遅れになる前に、まずはお子さんの将来のためにも、無料資料請求を!
しつこい営業電話なども一切ないので、安心です。

 → 家庭教師のトライに無料資料請求する

家庭教師のトライ